The coating resins company 拠点検索

アクリレート架橋剤

アクリル架橋剤

UVおよびEB照射により硬化が開始される光硬化用に開発されたアクリレートはよく知られていますが、過酸化物によって開始されるフリーラジカル架橋反応、およびマイケル付加反応などの非UV/EB照射反応メカニズムにおいても使用が増えています。
当社のエキスパートと話をして、より迅速で競争力のあるものにする

allnexのアクリル架橋剤技術

アクリレートの特徴は幅広い化学構造を有してしることです。それらの用途に使用されるアクリレートを慎重に選択することにより、優れた機械的特性を達成し、粘度低減、反応性を高める、VOCの低減などによって塗装工程を向上することが出来ます。
  • ポリエステルアクリレート:幅広い粘度(低粘度から高粘度まで)、硬化速度、中程度から高程度の収縮。
  • エポキシアクリレート:非常に硬化が速い、高硬度、優れた耐薬品性
  • ウレタンアクリレート:汎用性があり、幅広い粘度、ソフト仕上げからハード仕上げまで可能、柔軟性、無黄変、硬化速度などあらゆる要求性能を達成することができます。脂肪族ウレタンアクリレートは屋外での耐候性に優れています。
  • アミン変性ポリエーテルアクリレート:反応性促進剤
  • アクリレートモノマーは、ポリマーの骨格となる反応性希釈剤として使用されています。
あなたの用途にあった製品を探す

allnexの革新的なアクリル架橋剤のスナップ画像

   
allnexは長年にわたって革新的な製品を生産しています。当社の技術陣は、高性能で環境に優しい製品を提供するために常に新規の技術開発に取り組んでいます。
以下は当社の最新の革新的な技術の一例です。
 
  • 過酸化物硬化システム用のアクリレート
    • アクリレートは、過酸化物によってフリーラジカル重合反応が開始する系にも使用でき、塗装工程と機能性を向上させます。たとえば、アクリレートは、MMA防水材の材料物性を向上させるために使用されます。EBECRYL®ウレタンアクリレートは、低温での柔軟性が要求される用途で添加剤として使用されています。
  • マイケル付加反応用のアクリレート:エポキシ-アミン系およびその他
    • またアクリレートはマイケル付加反応によって重合することができます。エポキシ-アミンの2液型のシステムのエポキシにアクリレートを添加することで、粘度を低下し、反応性を高め、硬化性を最適化することができます。

どの用途をお考えですか?

当社のMarketのページにて何が可能かをぜひご覧ください
Marketページを見る

allnexのアクリル架橋剤

当社のブランド

ブランド名 用途
EBECRYL® 100%固形分のUV硬化性のウレタンアクリレート、ポリエステルアクリレート、アミノアクリレート、エポキシアクリレートなどの樹脂、モノマーおよびオリゴマー。
特定の製品をお探しですか?